ココアのテオブロミンの含有量や効果

ココアのテオブロミンの含有量や効果

ココアに含まれているテオブロミンの含有量や効果について解説しています。

 

 

テオブロミンとは

テオブロミンというのはチョコレートやココアの原材料となるカカオに含まれている有機化合物の一種です。チョコやココアに感じる苦みはこのテオブロミンの影響です。

 

ココアのテオブロミン含有量

ココア100gあたりのテオブロミン含有量は658mgとなっています。この含有量はあらゆる食材の中でもトップクラスです。

 

参考文献:ココア100gあたりの栄養価ーウィキペディアー

 

テオブロミンの効果

リラックス効果

テオブロミンは自律神経を調節する働きがあり、リラックス効果をもたらすといわれています。ココアを飲んでホッとした気持ちになるのはテオブロミンのおかげだったんですね。

 

血行促進効果

テオブロミンは末梢神経を刺激し、血流を良くする効果があります。この効果により体温が上昇し冷えやむくみの解消にもつながります。

 

以上になります。精神的に疲れている時や、ほっと一息つきたい時などに是非ココアを飲んでみてください。

<スポンサーリンク>
page top