ココアは何歳から?

ココアは何歳から?

よく見る質問として「ココアは何歳から飲ませても大丈夫なの?」というものがあります。おそらく小さいお子さんをお持ちの親御さんが持つであろう疑問ですね。今回は何歳くらいからならココアを飲ませても良いかというテーマでお話しています。

 

 

ココアは何歳から大丈夫?

その質問の答えは森永のホームページに記載してありました。

 

※参考文献:ココアは何歳から飲ませてもよいのですが-森永Q&Aページ-

 

回答によれば月齢の小さな赤ちゃんには刺激が強すぎるので与えないように・・・とのことです。9か月を過ぎてフォローアップミルク(離乳食で不足する栄養を補うためのミルク)を飲むようになったら、純ココアをミルクに混ぜて飲ませるようにしたらいいみたいです。

 

ミルクココアより純ココア

ここのポイントは純ココアを使うという点ですね。フォローアップミルク自体甘みが強いものなので、砂糖が多いミルクココアは避けたほうがいいみたいですね。ミルクココアを与えるのなら1歳を過ぎ離乳も進んでいる赤ちゃんなら大丈夫みたいです。

 

カフェインが心配・・・

あとココアのカフェインが気にする方もいますが、ココアのカフェインはごく微量です。【関連記事:ココアのカフェイン含有量】カフェインよりむしろ砂糖による虫歯とかに注意したほうがいいですね。赤ちゃんに与えるなら少し薄めの味にすることが望ましいと思います。

<スポンサーリンク>
page top