ココアアレルギーの症状・原因・対策

ココアアレルギーの症状・原因・対策

ココアアレルギーの症状や原因、対策を紹介しています。またカカオが駄目ならカカオの代用となるようなものはないのでしょうか。

 

 

ココアアレルギーとは

ココアアレルギーというのは原材料のカカオに対し、アレルギー反応を起こしてしまうものです。ココアだけでなく同じ原材料を用いているチョコレートにもアレルギー反応を示すことも多いです。なのでココアアレルギーというのはチョコレートアレルギーとも呼ばれています。

 

ココアアレルギーの原因物質

ココアアレルギーの原因物質はカカオに含まれているチラミンという血腫浮遊物質です。またニッケルが原因物質になることもあります。

 

ココアアレルギーの症状

他の様々な食物アレルギーに見受けられる症状がでる傾向にあります。

 

食物アレルギー症状の例

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 湿疹

 

また上記のような症状が一時的に続く軽度のケースもあれば、症状が酷くなり呼吸困難や意識障害などの重篤なケースに陥る場合もあります。

 

対策

自分がココアアレルギーだとわかったらカカオが含まれる食べ物は食べないことが大切です。最近はカカオの代わりにキャロブを使ったココアも売られています。キャロブはココアに風味が似ていてココアアレルギーを起こす人であっても安心して食べられます。

<スポンサーリンク>
page top