ココアと豆乳でカロリーオフ!

ココアと豆乳でカロリーオフ!

濃すぎずマイルドなココアが出来上がります。牛乳ココアは苦手だけど豆乳ココアは好きという人もいます。今回は豆乳の効果を紹介しています。

 

 

豆乳のカロリー

豆乳のカロリーは100gあたり45.9kcal。牛乳と比較すると約2/3ほどですので、低カロリー食を重視するのなら豆乳は非常におすすめです。ココアのカロリーについては【ココアの一杯のカロリー|純とミルクの違い】にて解説した通りですので、豆乳のカロリーと合わせたらどれくらいのカロリーになるのか計算してみましょう。

 

豆乳の効果

また豆乳には健康に良い様々な効能があるといわれています。以下に豆乳の効能をまとめます。

 

血圧・コレステロールを下げる

豆乳といえば大豆。大豆といえばたんぱく質です。そしてたんぱく質というのは血液中のコレステロールを低下させて血圧の上昇を抑制する効果があります。高血圧は現代で多くの人がかかる生活習慣病とされ、動脈硬化や脳出血などの原因にもなり得ますので改善すべき状態です。

 

血行促進

大豆に含まれるレシチンという物質には強い乳化作用を持ちます。そのため血管についたコレステロールを溶かし血流を改善してくれるのです。

 

記憶力向上

レシチンは脳の情報伝達物質である神経細胞の重要な要素となります。またレシチンの構成成分の1つコリンはアセチルコリンという情報伝達物質に変わります。情報伝達の活動が円滑になるので記憶力の向上に効果が期待できます。

 

善玉菌を増やす

豆乳に含まれる甘み成分オリゴ糖は腸内の善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を抑えてくれる作用があります。これにより腸の運動を活発にしたり、発がん物質を分解してくたりなど健康に良い効果が期待できます。

<スポンサーリンク>
page top