コーヒーとココア、ダイエット中飲むなら?

コーヒーとココア、ダイエット中飲むなら?

コーヒーとココアというのはどちらも○○ダイエットという言葉があるくらいダイエットには向いているといわれています。今回はコーヒーとココアどっちのがダイエット向きなのか調査した結果をまとめています。

 

 

自分の向き不向きを考える

ココアのダイエット効果の根拠については【ココアのダイエット効果】の記事にて解説した通りです。

 

どちらがダイエットに向いているか、というよりもどちらが自分に向いているかというkとを考えたほうがいいかもしれません。

 

どんな飲み物食べ物でも万能なものはありません。Aという効能はあるけどBの面ではマイナス・・・というようなものが必ずあります。

 

なのでココアのデメリット、コーヒーのデメリットを調べていけばどちらが自分に向いているかわかるでしょう。以下に簡単にまとめたので参考にしてみてください。

 

ココアのデメリット

糖分が含まれている

ココアというのは砂糖やミルク粉末などが含まれているのでカロリー的にはコーヒーよりも高いと思います。ただこれに関してはココアパウダーを使えばクリアできる問題です。

 

コーヒーのデメリット

カフェインが含まれる
カフェインというのは覚醒作用や利尿作用があります。寝る前に飲むことで眠れなくなったり、頻繁にトイレに行きたくなるといったデメリットがあります。

 

 

いかがでしたでしょうか。ダイエット目的ならばココアよりもブラックコーヒーがおすすめですが、ココアパウダーとブラックコーヒーならば本当に甲乙つけがたいといった感じですね。【関連記事:ココアとココアパウダーの違い

<スポンサーリンク>
page top