ココアパウダーとココアの違い

ココアパウダーとココアの違い

ココアパウダーとココアの違いについてわかりやすく解説しています。

 

 

どう違う?ココアとココアパウダー

ココアパウダーとココアは同じように思えて実は違います。ココアパウダーというのは砂糖やミルク粉末などが何も含まれていない純なココアのこと。ココアというのは砂糖やミルク粉末が含まれているいわば飲み物用の粉です。用途としてはココアパウダーはお菓子作りなどに、ココアはホットココアを作るのに向いているかと思います。

 

お菓子にかかっているのは?

生チョコとかお菓子にかかっている粉みたいなものはココアパウダーですね。これはココアでやるとジャリジャリした食感が邪魔になってしまうので、必ずココアパウダーを使う必要があります。

 

カロリーの違い

またココアとココアパウダーではカロリーも違ってきます。ココアパウダーのほうが色々なものが入っていない分低カロリーです。【ココアのダイエット効果や飲み方】の記事でも解説させていただきましたが、ダイエットが目的ならココアパウダーを使ったほうがいいですね。(ココアパウダーは純ココアともいいます)

 

以上ココアパウダーとココアの違いについて簡単に解説させていただきました。参考になれば幸いです。

<スポンサーリンク>
page top