チョコレートとココアの違い

チョコレートとココアの違い

チョコレートとココア。味も香りも似ていて、違うところといえば飲むか食べるかくらいに思えます。チョコレートとココアにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

 

チョコレートとココアの原料

まず最初に言ってしまえばチョコレートとココアの原料は同じ「カカオ」です。したがって元をたどれば同じ、というのが結論になります。製法に関しても途中までは同じになります。

 

製法の違い

カカオ豆を発酵・焙煎・乾燥・圧搾といった処理を施すことで「カカオマス」になります。この工程で豆の胚芽と外皮が除去されます。最終的にこのカカオマスから脂肪分カカオバターを除去したものがココアです。
そしてこのカカオマスにカカオバター・ミルク・砂糖などを加えたものがチョコレートとなるわけです。チョコレートが固形になるのはバターの作用によるものです。

 

チョコとココアの違いとは

まあ実質的にココアというのはほぼ無加工のカカオ豆だと思ってください。色々加えてあるのがチョコレートですから脂肪分や砂糖を気にするのならココアがおすすめです。

 

そもそもチョコレートというのは歴史的に見れば長い間飲み物として扱われていました。そのためココアというのも所詮は飲むチョコレート(ホットチョコレート)という認識でした。

<スポンサーリンク>
page top