チョコレートの日とは

チョコレートの日とは

チョコレート好きな方もそうでない方も「チョコレートの日」をご存知でしょうか?バレンタインデーは知っているけど、チョコレートの日ってあるの?と言う方のために、チョコレートの日についてご紹介します。

 

 

チョコレートの日とは?

2月14日と言えばバレンタインデーですね。この日のチョコレート消費量だけで、チョコレートの年間総消費量の4分の1をも占めるそうです。まさに日本中がチョコレート一色に染まってしまう日ですよね。この日はまた「チョコレートの日」でもあるのです。日本チョコレート?ココア協会がバレンタインデーにチョコレートを贈るのをきっかけに、その日をチョコレートの日と制定したのだそうです。

 

他にもあるチョコレートにまつわる日

2月14日以外にもチョコレートにまつわる日が制定されています。あまり知られていないようですが、2月1日はガーナチョコレートの日です。これはガーナチョコレートの製造販売元のロッテが、ガーナチョコレートの誕生した日にちなんで、この日をガーナチョコレートの日としました。

 

そして、7月の第3水曜日は夏チョコの日です。夏本番となる日に、夏向けのチョコレートのためのPRとして森永製菓が制定しました。

 

まあただこれらのチョコレートの日は何をするの?と聞かれても、チョコレートを食べるとしか答ようがなく、特に何も行われていないようです。勿論、バレンタインデーとチョコレートの日は同日ですので、この日ばかりは主役はチョコレートですけどね。

 

バレンタインデーとチョコレートの日はどちらも2月14日です。この日は思いきりチョコレートに浸ってみてはいかがでしょうか?

<スポンサーリンク>
page top