ココアとチョコレートってなにが違うの?

ココアとチョコレートってなにが違うの?

チョコレートとココアというのは何が違うのでしょうか?確かに色は茶色っぽいところは何となく似ていますし味も何となく似ているような気がしますね。基本的にはどちらもカカオ豆が原料ということがあります。原料が一緒なのに違うということはおそらく製法に違いがあるのでしょうね。

 

 

ヨーロッパでは同じ扱い?

ヨーロッパではチョコレートもココアもあまり区別はなく同じような扱いがされています。
確かに同じカカオ豆からできているわけですから、ある意味日本で言うところの豆腐ときな粉といった感じですかね?
チョコレートの歴史というのはとても長いもので、150年くらい前に作られたと言われています。
その頃にもチョコレート=ココアという話もありますので、簡単に言うならばチョコレートが固形でココアが粉末ということでいいのではないでしょうか。

 

製法の違いが両者の違い!

ココアとチョコレートは製造の仕方に違いがあることによってでき上がる形状も違うということです。
カカオ豆をローストして細かく挽いたものをペースト状にするところまでは両者ともに同じです。
しかしここからが違っていて、チョコレートはそのペースト状のカカオ豆をさらにカカオバターを加えて作ります。
カカオバターを加えることで皆さんがよく知っている固形のチョコレートになるというわけです。
さらに砂糖や乳製品を加えて作られるのが私たちがよく食べているチョコレートということになります。

 

どちらもおいしいチョコレートとココア!気分転換にも最高ですね!

<スポンサーリンク>
page top