チョコレートは太る?

チョコレートは太る?

スイーツと言えば真っ先に思いつくのがチョコレートですね。甘くてクリーミィーで魅惑的なチョコレートは太るというのがこれまでの定説でした。しかし最近の研究ではこの定説を覆すチョコレートに関する新たな結果が出たようです。

 

 

チョコレートは太るは間違い

チョコレートは太るというこれまでの説は実は間違いで、チョコレートそのものはむしろダイエットの味方になるというのが最近の研究から出た結果です。チョコレートの原料のカカオには新陳代謝を促し、肥満を防ぐ効能があり、ダイエットには是非取り入れたい成分なのです。

 

では、チョコレートは太るという説はどういった根拠から広まったのでしょうか。チョコレートには多くの砂糖が含まれています。太る原因は、実はその砂糖の摂り過ぎによるものからくるのです。

 

太らないチョコレートとは?

太らないチョコレートは、カカオ含有量が70%以上の砂糖の少なめのダークチョコレートで、逆に注意しないといけないのが、砂糖たっぷりのミルクチョコレートです。またホワイトチョコレートも砂糖が多いので気をつけた方がいいでしょう。

 

気をつけるのは食べ方と量

いくらチョコレートは太らないとは言え、食べ過ぎてはやはり太ってしまいます。太らない為には、ダークチョコレートを適量食べるようにしましょう。1日に板チョコ半分程度を目安に、ひとかけ程の量を、食前、食後、おやつと小分けして食べるのが太らない食べ方のポイントです。

 

チョコレートは種類と食べ方さえ気をつければ、太るのを気にせずに食べられるなんて嬉しい話ですね。砂糖の少なめのダークチョコレートを適量楽しむようにしましょう。

<スポンサーリンク>
page top