寝る前のチョコレートは太る?

寝る前のチョコレートは太る?

寝る前にお腹が空いて甘いものを食べたくなる経験は誰にでもあると思います。最近、健康食品として見直されているチョコレートですが、寝る前に食べるとやはり太るのでしょうか?

 

 

寝る前の食事の影響とは?

一般に、寝る前に何かを食べると、寝付きも睡眠の質も悪くなると言われています。これは寝ている間にも胃は食べ物を消化させるために絶えず働き続けているので、脳が刺激を受け、眠りが浅くなるせいだとされています。

 

また、寝る前に食事をすると太るというのが定説となっています。これは食事により血糖値が上昇し、その結果インシュリンが分泌され、体内で余ったぶどう糖が、中性脂肪として脂肪細胞に溜め込まれる為太るのです。

 

寝る前に食べたい、でも太りたくない時の食べ物

お腹が空いて眠れない、そんな時は少量の食べ物を食べるといいでしょう。特にホットミルク、少量のナッツ類はおすすめです。

 

寝る前のチョコレート

チョコレートは高カロリーでカフェインも含まれていますので、食べ過ぎると良い眠りが得られないだけでなく、太る原因にもなります。しかし、少量のチョコレートはリラックス効果があり、穏やかな気分にして眠りに導いてくれます。摂取量さえ気をつければ太る心配もありません。寝る前にチョコレートが食べたい時は、少しだけ食べてみるようにすれば良い訳ですね。

 

ヘルシーな食べ物と言われているチョコレートも、寝る前に大量に食べると太ります。チョコレートに限らず、どんな食べ物でも摂り過ぎはよくありません。寝る前にはひとかけのチョコレート、この量が太らないキーなのです。

<スポンサーリンク>
page top