食前のチョコレートと血糖値の関係

食前のチョコレートと血糖値の関係

食前にチョコレートを食べると血糖値が上がり、食欲が抑制されるので食事の量が少なくなり、結果として痩せるのに効果的だという方法がチョコレートダイエットで奨励されています。そこで、食前のチョコレートの摂取と血糖値の関係についてまとめてみました。

 

 

血糖値とは?

血糖値は血液中のぶどう糖の濃度のことを指します。炭水化物や糖分を多く含む食品を食べると、血糖値が上昇します。健康であれば、血糖値が下がるとお腹が空き、上昇すると満腹感が得られます。

 

食前のチョコレートが食欲を抑制する

チョコレートは血糖値を急に上昇させる働きをもっています。痩せたい人は、食事の20分程前のお腹が空いている時にチョコレートを食べると、適度な満腹感が得られるので、食欲が抑えられます。この点を利用するのが、チョコレートダイエットの一つの特徴です。

 

血糖値の急上昇で注意すべき点

血糖値が急に上昇すると、血糖値を早く下げるためにインシュリンが沢山分泌され、糖尿病の危険も高まります。インシュリンは余った糖分を脂肪に変えるので、肥満の原因にもなります。

 

そこでチョコレートを食前に食べる上で大切なのがそのタイミングです。食事の20分以前に食べると、血糖値の急上昇を緩やかにすることが出来ます。そして食事は栄養のバランスが取れたものを、ゆっくりと食べるようにすることが大切です。

 

食事の20分前に、ひと片のチョコレートを食べることにより血糖値の上昇を緩やかにし、食事の食べ過ぎを防げるのであれば、チョコレートダイエットもそう難しくはなさそうです。挑戦してみる価値がありそうですね。

<スポンサーリンク>
page top