チョコレートが動脈硬化予防に!

チョコレートが動脈硬化予防に!

最近、健康食品としても注目されるようになってきたチョコレートには様々な効果効能が認められるようになりました。その中でも特に動脈硬化予防にチョコレートは優れた効果を発揮すると言われています。

 

 

カカオポリフェノールの働き

チョコレートの原料であるカカオに含まれるカカオポリフェノールには動脈硬化の予防をはじめ、以下のような効能があることが認められています。

 

  • 動脈硬化の予防
  • 心臓病の予防
  • 癌のリスク低下
  • 胃潰瘍、アレルギーの予防
  • 肥満防止、及び糖尿病の予防
  • 高血圧の予防
  • ストレスの軽減
  • 虫歯予防

 

チョコレートによる動脈硬化予防のしくみ

動脈硬化は、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)の酸化により、動脈に悪影響が及ばされることが原因で起こると言われています。

 

カカオポリフェノールは小腸で吸収されたのち血管に入り、血管を広げて赤血球を通りやすくし血圧を下げます。また、カカオポリフェノールの強い抗酸化作用により、LDLコレステロールの酸化を防ぎ、HDLコレステロール(善玉コレステロール)を増やし、体内の余ったコレステロールを集めて肝臓に戻すのです。

 

動脈硬化予防にはダークチョコレート

チョコレートの動脈硬化予防の効果を得るためには、どのチョコレートでも良いという訳ではありません。高濃度のカカオポリフェノールが含まれているダークチョコレート(カカオ70%以上のチョコレート)を食べるようにしましょう。摂取量は1日に25グラム程度が適量とされています。

 

動脈硬化予防には、カカオ含有量の高いダークチョコレートを毎日少量ずつ食べる習慣をつけることが大切です。あなたも今日から始めてみませんか?

<スポンサーリンク>
page top