チョコレートで頭痛が治る?

チョコレートで頭痛が治る?

チョコレートを食べると頭痛が治るという人と頭痛がおきるという人の両方がいます。不思議な話ですが何故そうなるのでしょうか。チョコレートと頭痛についてはどういう関係があるのでしょうか。

 

 

チョコレートで頭痛が治る場合

血管が拡張することが原因で起こる頭痛が偏頭痛です。これは低血糖や、空腹時にも起こりえます。カフェインを含むチョコレートを食べると血管が収縮し、痛みを和らげることができるのではと言われています。またチョコレートを食べることにより、低血糖が解消されて痛みが収まるとか。チョコレートを食べ過ぎると急に血糖値が上がり、インシュリンが分泌され、そして再び急に血糖値が下がりますので注意が必要です。

 

チョコレートで頭痛がおきる場合

チョコレートに含まれるチラミンとテオブロミンという成分が頭痛の原因となる場合があるそうです。チラミンは血管を収縮させますが、効果がなくなると血管は拡張し、頭痛がおきるのではと言われています。テオブロミンも大量に摂ると頭痛の原因になりえます。チョコレートの他にもチラミンが多く含まれる食品は、チーズ、ワイン、ココア、味噌、醤油、納豆などです。

 

チョコレートと頭痛の因果関係

日本神経学会というところの実験の結果によると、チョコレートと頭痛の因果関係は確かめられていないそうです。なので、今のところ、チョコレートが原因で頭痛が治る、頭痛がおきるという根拠はないそうです。

 

チョコレートを食べると頭痛が治る、頭痛がおきるという体験をした人は実際にいますので、自分の経験上から チョコレートを食べる、食べない判断をするのが一番かもしれません。

<スポンサーリンク>
page top