チョコレートとコレステロールの関係

チョコレートとコレステロールの関係

チョコレートは好きだけど、コレステロールが心配なので食べずに我慢している人もいると思います。そこでチョコレートとコレステロールの関係についてまとめてみました。コレステロールが気になる方は必見です。

 

 

チョコレートとコレステロール

コレステロールが気になってチョコレートを食べないという方、チョコレートの中には血圧を下げ、善玉コレステロール値を上げるものがあるのです。これは嬉しい事実ですね。ちなみに善玉コレステロールとは、細胞に溜まった古いコレステロールを肝臓に送り、動脈硬化を防ぐ働きをするコレステロールです。

 

ポリフェノールが善玉コレステロールを増やす

チョコレートの成分のカカオに含まれるカカオポリフェノールが善玉コレステロールを増やします。

 

高カカオのチョコレートを食べよう

善玉コレステロールを増やすには、カカオの含有率の多いチョコレートを選びます。基準はカカオ70%以上のチョコレートです。チョコレートは高カロリーで脂質も多い食品ですので、1日の摂取量を板チョコ半分程度にするといいでしょう。

 

いくら高カカオのチョコレートが善玉コレステロールを増やすからと言っても、そればかりを食べると逆に健康を害しかねません。栄養バランスの取れた食事と、適度な運動をする事が健康を保つ上でとても重要なのです。

 

チョコレートを選ぶ時には、甘いミルクチョコレートではなく、ダークチョコレート、ビターチョコレートを選んで少量を食べるようにしましょう。

<スポンサーリンク>
page top