チョコレートと塩分の関係

チョコレートと塩分の関係

塩分の多い食事をすると、チョコレートのような甘いものが欲しくなりますよね。これはどうしてでしょうか。健康でいる為には、塩分、糖分共、控えめにと言われています。チョコレートと塩分は関係が深いのです。

 

 

塩分の多い食事の後に

塩分は控えめが良いと知りつつ外食をしたりコンビニのお弁当などを食べると、どうしても塩分を摂り過ぎてしまいます。塩分の多い食事は高血圧や生活習慣病などの原因となります。こういった食事をすると、次に体は甘いものを欲します。そんな時にはチョコレートを少量食べてみましょう。

 

チョコレートに血圧を下げる効果

チョコレートの原料であるカカオにはポリフェノールが含まれています。この物質に血圧を下げる効果がるのです。塩分の多い食事の後にチョコレートを食べるのは理にかなっていると言えそうですね。

 

体に良い食後のチョコレート

チョコレートには血圧を下げる効果があるポリフェノールが含まれてますが、この成分を効率良く摂取するには、カカオ含有量70%以上のダークチョコレートを食べることにあります。塩分の多い食事の後で、砂糖たっぷりのミルクチョコレートやホワイトチョコレートでは残念ながら効果は見込めません。

 

ポリフェノールの持つ力を活用する為には、ダークチョコレートを少量ずつ食べることを実践してみて下さい。ダークチョコレートであっても食べ過ぎは体に良くありません。

 

塩分が多い食事の後にはダークチョコレートを一口食べてみましょう。ポリフェノールが血圧を下げ、ゆったりとした心地よい気分になれますよ。

<スポンサーリンク>
page top