チョコレートの食べ方

チョコレートの食べ方

みなさんはチョコレートをどうやって食べていますか? 一言にチョコレートと言っても、その食べ方により、よりおいしくなったり太りにくくなったりします。そこでチョコレートの食べ方についてご紹介したいと思います。

 

 

チョコレートのヘルシーな食べ方

チョコレートの原料になるカカオにはエピカテキンというポリフェノールの一種が含まれています。この物質は抗酸化作用があり、動脈硬化の抑制や血管の若返り、アンチエイジングや肥満防止など、健康と美容上の様々な効能があります。
このエピカテキンの効果は摂取してから2時間程度なので、少しずつ、2時間置き程度にチョコレートを食べるのが効果的な食べ方とされています。

 

チョコレートのおいしい食べ方

通常、チョコレートを美味しく食べる温度は18?22℃だと言われています。
つまり、チョコレートは冷蔵庫で冷やさない方がおいしく食べられるのです。
とは言え、夏場になると常温で置いておくと生チョコなどは溶け出してしまいますよね。
そこで夏場にチョコレートを極力おいしく食べるには冷蔵庫で保存し、食べる1時間程前に取り出しておいてから食べるといいでしょう。

 

チョコレートをおいしく食べるためのチェックポイント

これは食品全般に言えることですが、チョコレートも時間の経過と共に味も落ちていきます。ですので市販品、手作りチョコレート共、出来るだけ早めに食べるようにしましょう。

 

チョコレートは口に入れると溶け出し、その風味が口中に広がります。この瞬間がチョコレートの最大の魅力です。少量のチョコレートを常温で食べることにより、至福の時が味わえるのです。

<スポンサーリンク>
page top