チョコレートは喉に良いのか?

チョコレートは喉に良いのか?

風邪を引いて喉が痛くなった時、チョコレートの甘さが恋しくなる事ってありますよね。でも果たしてチョコレートは喉に良いのでしょうか。チョコレートと喉の関係はどうなっているのでしょうか。

 

 

チョコレートは喉に良い?

チョコレートは甘さと同時にほろ苦さもありますが、これはチョコレートの成分のカカオによるものです。これが刺激物となります。又、チョコレートはカフェインを含んでいますが、カフェインも刺激物です。喉に炎症を起こしている時に刺激物を食べると、症状を更に悪化させてしまう恐れがあるのです。

 

チョコレートアレルギーに注意

チョコレートを食べると喉が痛くなったり痒くなったりする症状が出ると、チョコレートアレルギーかも知れない場合があります。医師の診察を適切に受けましょう。

 

チョコレートは咳に効く

チョコレートは喉が痛い時には食べない方がよさそうですが、咳止めには効果的な成分、テオブロミンが含まれています。風邪を引いて喉は痛くないけど咳が出るという場合に、咳止めとしてチョコレートを食べると良いでしょう。

 

チョコレートを上手く取り入れよう

チョコレートは咳止めの効果を発揮すると同時に、喉に刺激を与え、痛みを悪化させる可能性があります。自分の症状に合わせて上手に使い分ける事が大切です。喉は乾燥させると良くないので、のど飴を舐めるなどの対策が必要です。

 

喉が痛い時はチョコレートを食べない。そして咳止めにはチョコレートが良いという事を覚えておき、チョコレートを症状に合わせて食べるようにしましょう。

<スポンサーリンク>
page top