チョコレートは病気予防に効果あり?

チョコレートは病気予防に効果あり?

甘くて美味しいチョコレートには、様々な効能があることが知られるようになってきました。チョコレート好きの方には朗報ですね。チョコレートは病気予防にも効果があるそうです。具体的にはどんな病気に対する予防効果があるのかをまとめてみました。

 

 

チョコレートに含まれるカカオポリフェノール

チョコレートの原料であるカカオにはカカオポリフェノールが豊富に含まれています。カカオポリフェノールには優れた抗酸化作用があります。これは様々な病気の原因とされている活性酸素の働きを抑えます。ポリフェノールは赤ワインにも含まれていますが、チョコレートにはもっと多くのポリフェノールが含まれていると言われています。

 

チョコレートに含まれるミネラル

チョコレートにはカルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄といったミネラルがバランスよく含まれています。マグネシウムが不足すると心臓病のリスクが高まると言われています。

 

チョコレートによる病気予防

チョコレートに含まれるポリフェノールやミネラル類は、病気予防に効果的だとされています。具体的には、動脈硬化の防止、癌、心臓病のリスク低下、胃潰瘍、アレルギー、リウマチの予防の他、病原菌の増殖を防ぎ、傷の治りを早くするという効果もあるそうです。

 

チョコレートの食べ方

病気予防に効果があると言っても、全てのチョコレートにその効果がある訳ではありません。効果的なのは、カカオ含有量が70%以上のダークチョコレートがおすすめです。1日の摂取量は25?50グラム程度が適量です。決して食べ過ぎないように注意しましょう。

 

毎日、板チョコ半分程度のダークチョコレートを小分けして食べる習慣をつける事が、チョコレートの病気予防効果を生かす鍵となりそうですね。

<スポンサーリンク>
page top