チョコレートで癌予防は本当?

チョコレートで癌予防は本当?

チョコレートにがんを予防する効果があるというと疑う人もいるかもしれませんが、確かにそのような研究をしているところでは実際にがんを予防する効果があるというデータが出ています。実際にどのような研究だったのかチョットのぞいて簡単ですがみていきましょう。

 

 

ラットで成果あり

これはスペインの研究チームが発表した研究成果なのですが、カカオ豆の含有量が12%のえさを約8週間ラットに与えたところ直腸がんの兆候があったラットが大幅に癌の形成が低下していたということです。

 

チョコレートの成分であるカカオ豆には抗酸化作用があるということも言われていますので、この抗酸化作用とのダブルの効果で癌を押さえ込むことができたのではないでしょうか。

 

胃の癌にも効果がある

カカオ豆には抗酸化作用の他にも脳をリラックスさせてくれる効果や、血流を良くしてくれる効果があると考えられています。

 

他にもカルシウムや鉄分などの成分のおかげで美容にも良いとされています。

 

さらに先程の直腸がんの他にも胃の癌の原因とされているピロリ菌などのに対する殺菌効果があると言われていますので、胃がんの予防にも繋がりますね。

 

このようにいろいろな作用が期待されるチョコレートですが、ミルクチョコレートよりもブラックチョコレートのようなカカオの含有量が多いチョコレートの方が癌の予防にはさらに効果が期待できるでしょう。

 

 

 

がんの予防にもなってしまうチョコレートってすごすぎる!

<スポンサーリンク>
page top