チョコレートが幼児に与える影響

チョコレートが幼児に与える影響

チョコレートは刺激物で嗜好品です。イメージ的には大人のお菓子であるチョコレートですが、幼児が食べてもいいのでしょうか。チョコレートが幼児に与える影響について調べてみました。

 

砂糖の依存症

チョコレートを少しだけ食べるつもりが大量に食べてしまったという経験がありませんか? チョコレートには糖分が多く含まれているので、砂糖の依存症になりやすい食品です。そうなると偏食から栄養が偏り、成長に必要な栄養が不足してしまいます。

 

また、糖分を摂りすぎると、糖尿病、高脂血症、低血糖のリスクも高まり、いわゆるキレやすい子供になる危険性も否定できません。

 

発達障害とアレルギーの原因

砂糖を消化するため、体内のカルシウムが消費されます。それにより、骨、歯が弱くなり、発達障害が起きるリスクがあります。また、チョコレートはアレルギーを引き起こす可能性がある食品です。これはカカオに含まれる成分に対して起こります。下痢や嘔吐、頭痛、鼻血が出たりすることもあります。

 

カフェインによる刺激

チョコレートにはカフェインが含まれていますので、覚醒作用があり、子供の神経を興奮状態にしてしまう可能性があります。なかなか寝付かなかったりして、生活のリズムを崩してしまう恐れもあります。

 

チョコレートは何歳から?

チョコレートが幼児に与える影響については色々と懸念すべき点がありますが、それでは何歳になればチョコレートを食べてもいいのでしょうか。

 

チョコレートを何歳から食べてもいいという一般的な基準はないそうです。 ですがチョコレートは嗜好品なので、成長の為にという理由で与えるべき食品ではないのです。できれば、幼児期は嗜好品ではない食品をおやつにするのが理想的だとされています。

 

チョコレートには幼児に対して心配すべき影響が出る可能性があります。できればおやつに果物、乳製品、おにぎりなど嗜好品でない食べ物を与えた方がいいでしょう。

<スポンサーリンク>

関連ページ

チョコレートで便秘になる?
チョコレートを食べると便秘になる場合と、便秘が解消される場合があるようです。どうして正反対の事が起こるのでしょうか? 便秘になる場合と便秘が解消される場合のそれぞれの理由を探ってみます。
チョコレートの1日の摂取量
チョコレートは毎日少量ずつ食べるのが体に良いと言われていますが、気になる1日の摂取量とはどれ位が適当なのでしょうか。
チョコレートの食べ過ぎによる副作用とは
チョコレートは体に良い健康的な食品だと言われます。しかし、いくら体に良いからと言っても食べ過ぎると本末転倒となりかねません。チョコレートの食べ過ぎによる副作用とは、どんなものがあるのでしょうか。
チョコレートは刺激物で胃に悪い?
美味しいチョコレートも刺激物であることは確かな事実です。刺激物と言えば真っ先に思いつくのが、胃への影響です。チョコレートは胃には良くない食べ物なのか、又、どの程度の量だと安心して食べられるのかを調べてみました。
チョコレートを毎日食べる習慣は大丈夫?
チョコレートの持つ効果効能が見直され、最近では健康食品として奨励される様になりました。でもチョコレートを毎日食べるのは良い事なのでしょうか?
チョコレートを食べると喉に違和感がある
チョコレートを食べると喉に違和感を感じるという経験をした事ありませんか? 人によりその症状は様々ですが、チョコレートは喉にどういう影響を与えるのでしょうか。
チョコレートを食べると眠れない?
眠りたいのに眠れない。これは寝る前にチョコレートを食べたせいだからなのでしょうか?でも、チョコレートにはストレスを緩和し、リラックスムードにしてくれる効果もあるはず。チョコレートと眠れないこととは一体、どのように関係しているのでしょうか。
妊娠中にカフェイン入りのチョコレートを食べてもいい?
チョコレートは妊娠中に食べても大丈夫なのでしょうか。 チョコレートに含まれる、気になるカフェインの影響はどうでしょうか。
チョコレートを食べたら肌荒れや蕁麻疹が出る
チョコレートを食べていたら肌が荒れてしまったり蕁麻疹が出てしまったことはありませんか。もしかするとチョコレートが原因かもしれません。どのようなことが原因でそのようなことが起きてしまうのでしょうか。
チョコレートを食べるとくしゃみが出てしまう原因とは
チョコレートを食べるとくしゃみが出てしまうことはありませんか。チョコレートを食べてくしゃみが出てしまうのには原因があります。では、どうしてチョコレートを食べるとくしゃみが出てしまうのでしょうか。
チョコレートを食べると鼻血がでるのは迷信なのか
昔からチョコレートを大量に食べると鼻血がでるとされていました。しかし、これはあくまで噂であり科学的にも迷信とされています。しいていえば食べ合わせになどによって、多少鼻血が出やすくなるくらいしか効果がないようです。しかし、ではなぜこのような迷信が噂されたのでしょうか。
チョコレートを食べると腹痛や吐き気がする
チョコレートを食べて腹痛や吐き気がした方もいらっしゃると思います。せっかくのお楽しみのチョコレートを食べて腹痛や吐き気がしてしまったらせっかくのお楽しみも台無しです。なぜ、チョコレートを食べると腹痛や吐き気がしてしまうのでしょうか。その原因はチョコレートアレルギーかもしれません。
犬や猫がチョコレートを食べた際の中毒
犬や猫がチョコレートを食べてしまうと中毒をおこしてしまい、最悪死につながることはみなさんご存知だと思います。しかし、どのような成分が原因で中毒を引き起こし、どのような症状がでるのかはご存知でしょうか。
チョコレートが喘息に与える影響
喘息を持っている方でもチョコレートが大好きという人はたくさんいると思います。チョコレートは喘息の人が食べても大丈夫なのでしょうか。
チョコレートによるアレルギー症状とは?
チョコレートによるアレルギー症状はどのようなものがあるのでしょうか。 そこでアレルギーの出る原因とどのような症状ができるのかを紹介していこうと思います!