チョコレートが幼児に与える影響

チョコレートが幼児に与える影響

チョコレートは刺激物で嗜好品です。イメージ的には大人のお菓子であるチョコレートですが、幼児が食べてもいいのでしょうか。チョコレートが幼児に与える影響について調べてみました。

 

 

砂糖の依存症

チョコレートを少しだけ食べるつもりが大量に食べてしまったという経験がありませんか? チョコレートには糖分が多く含まれているので、砂糖の依存症になりやすい食品です。そうなると偏食から栄養が偏り、成長に必要な栄養が不足してしまいます。

 

また、糖分を摂りすぎると、糖尿病、高脂血症、低血糖のリスクも高まり、いわゆるキレやすい子供になる危険性も否定できません。

 

発達障害とアレルギーの原因

砂糖を消化するため、体内のカルシウムが消費されます。それにより、骨、歯が弱くなり、発達障害が起きるリスクがあります。また、チョコレートはアレルギーを引き起こす可能性がある食品です。これはカカオに含まれる成分に対して起こります。下痢や嘔吐、頭痛、鼻血が出たりすることもあります。

 

カフェインによる刺激

チョコレートにはカフェインが含まれていますので、覚醒作用があり、子供の神経を興奮状態にしてしまう可能性があります。なかなか寝付かなかったりして、生活のリズムを崩してしまう恐れもあります。

 

チョコレートは何歳から?

チョコレートが幼児に与える影響については色々と懸念すべき点がありますが、それでは何歳になればチョコレートを食べてもいいのでしょうか。

 

チョコレートを何歳から食べてもいいという一般的な基準はないそうです。 ですがチョコレートは嗜好品なので、成長の為にという理由で与えるべき食品ではないのです。できれば、幼児期は嗜好品ではない食品をおやつにするのが理想的だとされています。

 

チョコレートには幼児に対して心配すべき影響が出る可能性があります。できればおやつに果物、乳製品、おにぎりなど嗜好品でない食べ物を与えた方がいいでしょう。

<スポンサーリンク>
page top