チョコレートで便秘になる?

チョコレートで便秘になる?

チョコレートを食べると便秘になる場合と、便秘が解消される場合があるようです。どうして正反対の事が起こるのでしょうか? 便秘になる場合と便秘が解消される場合のそれぞれの理由を探ってみます。

 

 

便秘の原因と予防

便秘になるのは様々な原因がありますが、食事面から考えると、偏った食事や食物繊維の不足もその一因であるとされています。
便秘の予防、解消には食物繊維、ビタミンE、ビタミンC、ミネラル、クエン酸などが含まれた食品をバランス良く摂ることが大切だと言われています。

 

チョコレートと便秘

一般に、糖分の多い食事は便秘の原因になりうると考えられています。ですので糖分の多さという点から考えると、チョコレートは便秘になりやすい食品だと言えそうです。その一方で、チョコレートの原料であるカカオには食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は便秘の解消に役立ってくれる栄養素なので、この点から考えると、チョコレートは便秘解消に効果のある食品だと言えます。

 

便秘を改善するチョコレート

チョコレートで便秘を改善させるには、カカオ含有量の多いチョコレートを適量食べることが重要です。食べ過ぎると砂糖の摂り過ぎになり、逆に便秘を悪化させてしまう可能性があります。カカオ含有量70%のチョコレートですと、1日に25グラムから30グラム程度の摂取量が目安となります。又、水分補給も大切なので、チョコレートと一緒に水分も摂るようにしましょう。

 

カカオ含有量の多いチョコレートは便秘解消に役立ちますが、 バランスの取れた規則正しい食生活と、適度な運動を取り入れることが便秘解消には大切であることを覚えておきましょう。

<スポンサーリンク>
page top