チョコレートの1日の摂取量

チョコレートの1日の摂取量

チョコレートは毎日少量ずつ食べるのが体に良いと言われていますが、気になる1日の摂取量とはどれ位が適当なのでしょうか。

 

 

健康には高カカオ入りのチョコレート

チョコレートは様々な種類がありますが、健康に良いと言われるチョコレートはカカオ含有量の多いダークチョコレート、ブラックチョコレートをさします。目安はカカオ70%以上のものがおすすめです。カカオの量が増えると苦みも増しますので、最初は少々食べにくいかもしれませんね。

 

何故高カカオのチョコレートが良いかと言うと、カカオポリフェノールが多く含まれるからです。このカカオポリフェノールに様々な健康上の効果、効能があるのです。

 

チョコレートの1日の摂取量の目安

チョコレートの摂取量を考える上で重要なのは、ポリフェノールの摂取量です。
ネスレ日本によれば、ポリフェノールの1日の摂取量の目安は約1500mgだそうです。メーカーや種類により若干の差はありますが、ダークチョコレート 100グラムには約840mgのポリフェノールが含まれています。

 

ポリフェノールはコーヒー、緑茶、赤ワイン、りんご、バナナ、マンゴー、春菊、ブロッコリー、納豆などの他の食品にも含まれているので、それらを考慮すれば、1日に理想的なチョコレートの摂取量は約25グラム、多くても50グラムまでとされています。板チョコにすれば約半分まででしょうか。

 

忘れてならないのが、チョコレートは砂糖や油脂などを含む高カロリー食品だと言う事です。健康に害が出ないように、出来るだけ1日の摂取量の目安に従って食べましょう。

<スポンサーリンク>
page top