チョコレートは刺激物で胃に悪い?

チョコレートは刺激物で胃に悪い?

美味しいチョコレートも刺激物であることは確かな事実です。刺激物と言えば真っ先に思いつくのが、胃への影響です。チョコレートは胃には良くない食べ物なのか、又、どの程度の量だと安心して食べられるのかを調べてみました。

 

 

刺激物の概念

食品で一般的に刺激物と呼ばれるものは、胡椒やからし、わさびなどに代表される塩分の多いもの、アルコール、そしてカフェイン入りのコーヒー、紅茶、緑茶などです。チョコレートにはカフェインが含まれるので、チョコレートは刺激物の中に入ります。

 

胃に良くない食べ物とは?

一般的に胃に良くない食べ物としてあげられるのは砂糖の多く含まれている甘いもの、冷たいもの、油が多いもの、繊維の多いもの、刺激物、カフェインを含むものなどです。

 

チョコレートは甘くてカフェインを含んだ刺激物なので、 胃に良くない食べ物にあてはまりますね。特に胃の調子が悪い時などにはチョコレートは避けた方がよい食品のようです。

 

カフェインの胃に与える影響

カフェインの摂り過ぎは健康に害があることは知られていますね。カフェインには覚醒、強心、利尿作用などがあります。眠気覚ましに使われたりしますが、不眠やめまいなどの原因にもなるとされています。そしてカフェインは胃液の分泌を促進します。空腹時に胃液が分泌されれば、胃粘膜が炎症を起こす危険があります。

 

胃に優しいチョコレート

胃に優しいチョコレートは、ホワイトチョコレートなどのカフェインの少ないチョコレートです。摂取量は少量に抑えましょう。胃に問題がある場合、ダークチョコレートなどのカフェインが比較的多く含まれているチョコレートは避けた方がいいでしょう。

 

胃の調子が思わしくない時はチョコレートを食べない方がよさそうです。どうしても食べたければカフェインの少ないホワイトチョコレートを少量味わってみましょう。

<スポンサーリンク>
page top