チョコレートを食べると喉に違和感がある

チョコレートを食べると喉に違和感がある

チョコレートを食べると喉に違和感を感じるという経験をした事ありませんか? 人によりその症状は様々ですが、チョコレートは喉にどういう影響を与えるのでしょうか。

 

 

チョコレートと喉の違和感の関係

チョコレートを食べると毎回喉に違和感がある場合、チョコレートアレルギーである可能性が考えられます。チョコレートアレルギーである場合、喉の違和感以外にも、蕁麻疹、腹痛、嘔吐、鼻血、頭痛などの症状が出る事があります。

 

チョコレートアレルギーの原因

チョコレートにはチラミンという物質が含まれています。チラミンは喉や鼻の粘膜を刺激し、これが喉に違和感をもたらす原因だと考えられています。喉以外にも腸の粘膜に影響すると腹痛や下痢、嘔吐が起きることもあります。ちなみにこのチラミンは赤ワインやチーズにも含まれているので注意が必要です。

 

チョコレートの摂取量

チョコレートを食べると喉に違和感がある場合、チョコレートの摂取量に気をつける必要があります。食べ過ぎは禁物、症状を悪化させる可能性大です。板チョコなら1日に半分位までにしておいた方が無難でしょう。

 

チョコレートアレルギーの疑いがある場合

チョコレートアレルギーの疑いがある場合、医師の診断を受けましょう。アレルギー検査により、食物アレルギーの有無を知ることができます。

 

チョコレートを食べると必ず喉に違和感があるとチョコレートアレルギーの可能性があるので、摂取量に注意し、適切な医師の診断を受けるようにしましょう。

<スポンサーリンク>
page top