チョコレートを食べると眠れない?

チョコレートを食べると眠れない?

眠りたいのに眠れない。これは寝る前にチョコレートを食べたせいだからなのでしょうか?でも、チョコレートにはストレスを緩和し、リラックスムードにしてくれる効果もあるはず。チョコレートと眠れないこととは一体、どのように関係しているのでしょうか。

 

 

眠りと関係するチョコレートの成分

ストレスや緊張を和らげてくれる効果があるチョコレート。寝る前に食べると安眠できそうな気がしませんか? それに寝る前に甘くておいしいチョコレートを食べたくなる人も少なくないはず。チョコレートには確かに気分を穏やかにし、リラックスできる成分GABA(ギャバ)が含まれています。それと同時にカフェインも含まれているのです。つまりチョコレートは眠りに良い成分と、眠れなくなる成分の両方が含まれているのです。

 

チョコレートとカフェイン

寝る前にコーヒーや緑茶は避けた方が良いと言われるのは、覚醒作用のあるカフェインを含んでいるからです。チョコレートにもカフェインが含まれていますが、チョコレートの種類によりカフェインの量はさまざま。ミルクチョコレート1枚には約10mgのカフェイン、ダークチョコレートにはミルクチョコレートの約2.3?4倍のカフェインが含まれています。つまり、カカオの含有量の多いチョコレート程カフェインの量も増えるのです。ちなみにコーヒー1杯には約60mgのカフェインが含まれています。

 

安眠するためには少量のチョコレート

体に良いと言われているカカオ含有量の多いダークチョコレートにはミルクチョコレートの2.3?4倍のカフェインが含まれているので、いくらリラックス効果があるとは言えダークチョコレートを寝る前に沢山食べると、眠れなくなるリスクは高くなります。

 

どうしても寝る前にチョコレートが食べたければ、少量だけ食べるようにした方が良いでしょう。

<スポンサーリンク>
page top