チョコレートを食べると腹痛や吐き気がする

チョコレートを食べると腹痛や吐き気がする

チョコレートを食べて腹痛や吐き気がした方もいらっしゃると思います。せっかくのお楽しみのチョコレートを食べて腹痛や吐き気がしてしまったらせっかくのお楽しみも台無しです。

 

なぜ、チョコレートを食べると腹痛や吐き気がしてしまうのでしょうか。その原因はチョコレートアレルギーかもしれません。

 

 

チョコレートアレルギー

チョコレートアレルギーを持っているとカカオが原料のチョコレートを食べることでその症状が現れます。自分はチョコレートアレルギーではないと気を緩めてはいけません。

 

チョコレートアレルギーを発症した人の中にはある日突然チョコレートアレルギーになってしまうこともあります。チョコレートアレルギーの症状としては腹痛や吐き気などがあげられます。

 

チョコレートアレルギー別名

チョコレートアレルギーは別名バレンタイン症候群とも呼ばれます。由来としてはバレンタインの後に体調不良を訴えて病院に行く人が多いことからこのように呼ばれます。

 

先述したように突然チョコレートアレルギーを発症する人もいるのでバレンタインにチョコレートをもらいそれを食べて病院に行く人も多いようです。このことからバレンタイン症候群と呼ばれているようです。

 

 

チョコレートを食べて体調が崩れることがあればカカオアレルギーかもしれません。もし、身に覚えがある場合にはチョコレートを食べるのは控えるようにしましょう。どうして食べたい場合などは専門のお医者さんに相談をするなどしましょう。

<スポンサーリンク>
page top