チョコレートが喘息に与える影響

チョコレートが喘息に与える影響

喘息を持っている方でもチョコレートが大好きという人はたくさんいると思います。チョコレートは喘息の人が食べても大丈夫なのでしょうか。

 

 

チョコレートは喘息を引き起こす可能性がある

チョコレートは喘息を持っている人が食べる喘息を引き起こす可能性があるようです。しかし、これはアレルギーを持っていた場合の話です。つまり、チョコレートアレルギーを持っていなければ喘息を持っていても食べても大丈夫なようです。

 

しかし、チョコレートアレルギーを持っているのにも関わらずにチョコレートを食べてしまえば喘息が引き起こされる場合があるので注意が必要です。どうしても食べたい場合などは主治医のお医者さんと相談して食べていいということなら食べていい量をきちんと守り食べるようにしましょう。

 

チョコレートには咳を止める効果がある

チョコレートの原料であるカカオに含まれているテオブロミンという成分が咳を止めるのに効果的なようです。咳を止めるのを目的にチョコレートを食べる場合にはカカオが70%ほどはいっているダークチョコレートを50グラムほど食べるとよいそうです。食べ過ぎると効果が薄れてしまうので適度に食べるようにしましょう。

 

 

 

チョコレートアレルギーを持っていなければ喘息を持っていたとしてもチョコレートを楽しむことはできます。それどころかチョコレートは食べ方によっては咳を止める効果があります。風邪のひきはじめなどにチョコレートを食べることは非常に咳を止めるのには効果的なようです。

<スポンサーリンク>
page top