チョコレートによるアレルギー症状とは?

チョコレートによるアレルギー症状とは?

チョコレートによるアレルギー症状はどのようなものがあるのでしょうか。そこでアレルギーの出る原因とどのような症状ができるのかを紹介していこうと思います!

 

 

チョコレートによるアレルギーの出る原因とは?

チョコレートによるアレルギー症状が起こる原因は原料であるカカオに含まれるチラミンとニッケルが主な原因とされています。

 

チラミンを摂取することにより血管を収縮させ、チラミンの効果が切れると同時に血管の拡張が引き起こされ高血圧発作を誘発すると言われています。この血管の拡張が原因でアレルギーが起こるとされています。

 

チョコレートを食べることで金属アレルギーが悪化すると言われていますが、悪化する原因はカカオに含まれるニッケルが原因とされています。金属アレルギーが悪化することにより、ネックレスや指輪に触れることによりかぶれや湿疹が出るなどの症状が出てしまします。

 

どのようなアレルギー症状が出るのか?

チョコレートを食べることによるアレルギー症状としては、蕁麻疹、頭痛、湿疹の他にチラミンの影響で粘膜が腫れると腹痛や下痢、嘔吐といった症状が出ることがあります。

 

チョコレートのアレルギーは軽いものだと考えている人も多いと思いますが、実際にはアナフィラキシーショックなどで死亡している人もいるので注意しましょう!

 

 

では、チョコレートを全く食べれないのかと心配するかもしれませんが、自分の体調や症状に合わせて適度に食べるくらいなら大丈夫だと思います!楽しくチョコレートを食べましょう!

<スポンサーリンク>
page top