カカオからできているチョコレートの栄養成分は?

カカオからできているチョコレートの栄養成分は?

チョコレートの原料であるカカオ豆にはかなり歴史的なもの感じます。遠い昔からカカオ豆が食べられていたという話もあるくらいカカオ豆というのは昔から人間ととても深い関わりを持つ食品だったことがよくわかります。そんなカカオ豆の栄養成分とはどんなものなのでしょうか?

 

 

代表的な成分その1、ポリフェノール

チョコレートの成分で代表的なものと言えばやはりポリフェノールではないでしょうか。
ポリフェノールとはワインやーコーヒーなどにも含まれている成分で抗酸化作用があると言われている成分です。
この抗酸化作用があることによって老化の原因となる活性酸素を抑制する作用があるので、生活習慣病の予防に良いとされています。
血行をよくしてくれる役割もしてくれますので動脈硬化や体の緊張をほぐしてリラックスを促してくれる効果も期待できます。

 

代表的な成分その2、テオブロミン

チョコレートのもう一つの代表的な成分としてテオブロミンという成分があります。
このテオブロミンというのはチョコレート特有の何とも言えない香りの成分であり、この香りの成分には集中力を高めてくれたり記憶力の向上につなげてくれる働きがあると考えられています。
この働きはカフェインととても似ている作用ですがカフェインよりも効果がやさしいと言われているのでリラックスしたいときにはテオブロミンの方が体にやさしいリラックスができるということがあります。

 

 

 

チョコレートの代表的な栄養成分ポリフェノールとテオブロミン。

<スポンサーリンク>
page top