チョコレートのカフェイン含有量って?

チョコレートのカフェイン含有量って?

とってもおいしいみんな大好きなチョコレートですがチョコレートにもカフェインが含まれていることを知っていますか?カフェインといえばコーヒーが有名ですがチョコレートにもカフェインが含まれていることがわかっています。そんなチョコレートとカフェインについて少しだけお話してみますね。

 

 

確かにチョコレートにもカフェインが

確かにチョコレートにはカフェインが含まれていることがわかっています。

 

しかしそのカフェインの量はコーヒーなどと比べるとかなり少ないこともわかっています。

 

コーヒー一杯150mlとしてコーヒーに入っているカフェインの量は約90mgですが、それに対して普通のミルクチョコレート50gに入っているカフェインの量は約1/6だといわれていますのでかなり少ないことがわかりますね。

 

カフェインの含有量が少ないので覚醒作用もコーヒーなどと比べると体に優しく作用してくれるので、そういう面から見るととても体にやさしいカフェインの含有量ではないかと思います。

 

製品によってかなり違いが

チョコレートのカフェイン含有量は確かにコーヒーなどと比べると少ないということがわかっていますが、

 

ただし先程のデータはあくまでも一般的な普通のミルクチョコレートを参考にしているので、

 

ビターチョコレートやダークチョコレートなどのカカオ豆の量がたくさん含まれているチョコレートに関してはもう少しカフェインの量も増えることになるでしょう。

 

そのあたりをよく理解してチョコレートを食べるようにして下さいね。

 

 

 

コーヒーほどではありませんがチョコレートにもカフェインが含まれています。

<スポンサーリンク>
page top