チョコレートのポリフェノール含有量って?

チョコレートのポリフェノール含有量って?

チョコレートの中に入っているポリフェノールという成分が私たちの健康に良いとされている話は聞いたことがあると思いますが、チョコレートの種類によってもその含有量というのは変わってきます。ポリフェノール含有量が多ければ当然その効果が高くなるということになりますので、お店などでチョコレートを買うときはこれからはチェックしたほうがいいかもしれませんね。

 

 

メーカーによっても製品によっても違う

チョコレートの中に含まれているポリフェノールの成分というのは基本的にはカカオの使用量が多ければポリフェノールの成分も多くなりますし、カカオの原料が少なければそれだけポリフェノールの含有量も減るということになります。
これはメーカー各社がいろいろな製品を販売していますので実際に成分表示などを見て確かめてみると良いでしょう。
最近では製品の前面に何%というように表記されている製品もありますのでチェックしてみてください。
前面に何%と書かれている商品はおそらくカカオの量が多いのでそれを売りにしている可能性が大きいですね。

 

ポリフェノールの含有量

ポリフェノールのチョコレートに対する含有量というのは目安として100g当たり約0.7g含まれているといわれています。
これはあくまでも目安ですので参考程度にしておいてください。
なぜかというと製品によってかなりポリフェノールの含有量も変わってくるからです。
カカオマスがたくさん入っている製品であれば当然ポリフェノールの含有量も増えますし、カカオマスが少なければポリフェノールの含有量も減ってしまうことになります。

 

 

 

メーカーや製品によってポリフェノールの含有量というのは全く違うということを覚えておいてくださいね。

<スポンサーリンク>
page top