ホワイトチョコの成分って?普通のチョコと違うの?

ホワイトチョコの成分って?普通のチョコと違うの?

チョコレートで良く黒っぽいものと白っぽいものがあると思いますが、黒っぽいいわゆる普通のチョコレートと白いホワイトチョコレートの違いについてはよくわからない方も多いのではないでしょうか。確かに同じチョコレートという名前なのになぜ色が違うのかよくわかりませんね。

 

 

元は一緒

ホワイトチョコも普通のチョコレートも元は同じカカオ豆を原料としているのですが、違いはそのカカオ豆を製造する工程に違いがあります。

 

普通のチョコレートはカカオマスと呼ばれるものに砂糖などをまぜて作りますが、ホワイトチョコレートの場合はカカオ豆を焙煎したあとココアバターと呼ばれる脂肪分に砂糖などをまぜたものがホワイトチョコレートということになります。

 

ということはホワイトチョコレートにはカカオマスが含まれていないということになります。

 

ホワイトチョコのほうが甘い?

普通のチョコレートよりもホワイトチョコの方が甘いものが多いというのもうなずけるかもしれません。

 

ホワイトチョコにはカカオマスが含まれていませんので苦味の成分であるテオブロミンが入っていないのでその分普通のチョコレートよりも甘さを感じることになるのですね。

 

食べた方ならわかると思いますが確かに普通のチョコレートとホワイトチョコレートを食べ比べればホワイトチョコの方が甘いことがよくわかります。

 

食べ比べたことがない方は一度比べてみると楽しいかもしれませんね。そうすればどのくらい甘さが違うのかっていうのがよくわかりますので。

 

 

 

普通のチョコよりもホワイトチョコの方が甘いものが多い!

<スポンサーリンク>
page top