チョコレートと準チョコレートの違いはなに

チョコレートと準チョコレートの違いはなに

世の中には様々な種類のチョコレートがあります。チョコレートの種類の一つで準チョコレートと呼ばれるものがあります。では、チョコレートと準チョコレートの違いはいったいどこにあるのでしょうか。それぞれの定義から見ていきましょう。定義から見ていくとそれぞれにには明確な違いが存在しています。

 

 

チョコレート

チョコレートの定義としてはチョコレート生地を全重量の60%以上使用した加工品のことをさします。

 

チョコレート生地はカカオの割合が35%以上、または、カカオの割合が21%以上でそれに加えた乳固形分が35%以上のものをいいます。板チョコなどはこのチョコレートに分類されることが多いです。

 

準チョコレート

準チョコレートの定義としては準チョコレート生地を全重量の60%以上使用した加工品のことをさします。

 

準チョコレート生地はカカオの割合が15%以上、またはカカオの割合が7%以上でそれに加えた乳固形分が12.5%以上のものをいいます。買ったお菓子のパッケージを見れば準チョコレートであることは明記されています。

 

 

チョコレートと準チョコレートの違いはそれぞれの生地にどれだけのカカオが含まれているかです。今までチョコレートだと思って食べていたものの成分表記などをよく見てみるともしかしたら実は準チョコレートだったなんてこともありえるかもしれません。しかし、チョコレートも準チョコレートもそれぞれの良さがあります。あまり、気にせずに自分が好きなチョコレートを食べればいいと思います。

<スポンサーリンク>
page top