チョコレートの原材料はなにが使われているのか

チョコレートの原材料はなにが使われているのか

世界中で食べられているチョコレートですが、そんなチョコレートにはどんな原材料が使われているのか、また、どのような方法でその原材料が加工されてチョコレートに生まれ変わるかを知っていますか?

 

 

チョコレートの原料はなに

チョコレートの原料はカカオです。カカオはカカオの木の果実の中にある種子のことを言います。

 

カカオは昔、非常に高級な食べ物であり、王様や貴族などといった身分の高い人しか食べることができませんでした。

 

テオブロマ・カカオと呼ばれ、テオブロマとは神様の食べ物という意味があり、メキシコ・アステカの神話に由来をしています。

 

カカオについて

カカオの栽培地は年間の平均気温が27度以上で、その気温の変化が年間を通じて極めて小さい地域でしか栽培することができません。

 

産地としては西アフリカ、東南アジア、中年米などが挙げられています。

 

カカオには様々な品種がありますが、その中でも特にポピュラーなのがクリオロ種、フォラステロ種、トリニタリオ種の三種類です。カカオの木は生長すると高さは7〜10m、幹の太さは10〜20センチほどの大きさになります。

 

 

チョコレートの原材料はカカオですが、そのカカオに関しても様々な種類が存在しています。チョコレート会社によってはカカオを独自の割合でブレンドをするなどしてチョコレートに特徴を出すこともあります。チョコレートを食べる際に食べ比べをしてみてそれぞれの味を楽しんでみてください。もしかしたら新しい発見があるかもしれません。

<スポンサーリンク>
page top