チョコレートの味は産地によって違いはあるのか

チョコレートの味は産地によって違いはあるのか

チョコレートには様々な種類がありますが、チョコレートは産地によって違いはあるのでしょうか。そこで、チョコレートの原材料であるカカオによってチョコレートの味に差はでるのでしょうか。現在、世界では主流のカカオ豆を比べてみましょう。

 

 

クリオロ種

中央アフリカやメキシコ、西部ベネズエラに有史以前から生息していた種。栽培が非常に難しい種でほとんどが病害で死滅した。現在ではベネズエラ、メキシコなどにごく少数が生産されている。豆の品質は良く、独特の香りを持っており、チョコレートのブレンド豆として貴重なカカオ。

 

フォラステロ種

南アフリカのアマゾン渓谷、オリノコ渓谷などに生息している。生長がはやく病害虫にも強いので栽培が簡単なために世界では主流のカカオです。東南アジアや西アフリカなどで主に栽培されている。豆は扁平型で苦みが強いのが特徴。

 

トリニタリオ種

クリオロ種とフェラステロ種を交配しそれぞれの良いところを受け継いだ種。栽培が容易なことに加えて豆自体も良質なものが採れる。ベネズエラや中南米地域で栽培されており、ブレンド豆としては必要不可欠な存在である。

 

 

カカオの産地によってチョコレートの味には差が出るようです。通販などではチョコレートの食べ比べなどができるセットも売られているようなので、気になる方は購入してみるのもいいかもしれませんね。実際に食べてみたらかなりの違いが確認できるかもしれません。ぜひ、食べ比べてみてください。

<スポンサーリンク>
page top