チョコレートの融点は何度?

チョコレートの融点は何度?

チョコレートを溶かして自分で新しいチョコレートを作る際にはどのくらいの温度でチョコレートは溶けるのか、夏の暑い日などにいったい気温が何度くらいになれば溶けてしまうのか気になる方もいらっしゃると思います。その溶ける温度のことを融点といいます。

 

 

チョコレートの融点は何度か

チョコレートの融点と一口にいってもチョコレートによって融点は様々です。

 

その理由としてはチョコレートを製造する際に使われているカカオバターの種類によっても違います。

 

また、カカオバターとその他の成分との配合も様々なのでチョコレートによっては融点が変わってしまいます。

 

固形のチョコレートではだいたい17度から34度ほどが融点だと考えておいて大丈夫だと思います。

 

溶けたチョコレートはもとにもどるのか

チョコレートが溶けてしまった場合にもう一度冷やすことで元のチョコレートにはもどるのでしょうか。

 

答えはもどりません。

 

理由としてチョコレートは一度溶けてしまうとチョコレートの油脂が分離してしまうので冷やしても元通りにはなりません。

 

 

チョコレートの融点をしっかりと理解してチョコレートを溶かさないように気を付けましょう。溶けてしまったチョコレートが嫌な人や、溶けてしまったチョコレートをもう一度
冷やすのが嫌な人はできるだけ冷蔵庫にいれるなどして溶けないように対策をとるようにしましょう。溶けてもおいしいとは思いますができれば最もおいしいかたちであると考えられる状態で食べたいですよね。

<スポンサーリンク>
page top