チョコレートの製造方法

チョコレートの製造方法

チョコレートはおいしい食べものですよね。チョコレートには様々な種類が存在していてそれぞれに異なった製造方法があります。では、どのような製造方法があるのでしょうか。

 

 

どうやって製造されていくのか

チョコレートの原材料はカカオが使われています。まずは、カカオを焙焼します。焙焼をすることによってチョコレートに香りや風味が出ます。

 

ここからいくつかの過程を行っていきカカオマスができます。そして、作り方によってはココアパウダーになったり、チョコレートになったりします。

 

チョコレートの作り方

チョコレートはカカオマスに砂糖や粉乳を加えます。次にローラーをかけてなめらかにします。

 

なめらかになったものを50度から80度に高温で風味豊かに練り上げ仕上げていきます。その後にテンパリングというカカオバターの結晶を安定させる作業を行い、最後に型に詰めて振動を与えて、気泡を抜きます。

 

この過程を行うことでビターチョコレートやミルクチョコレート、ホワイトチョコレートなどになっていきます。

 

 

簡単に説明をしましたが、この工程の間にチョコレートのカカオの含有量によってチョコレートの種類が決まったりします。先ほどのチョコレートで例をあげるとビターチョコレートはカカオの含有量が多く、ミルクチョコレートは比較的カカオの含有量が少ないです。製造の過程で調整をすることによって同じような過程でも全く異なった種類のチョコレートが製造されます。

<スポンサーリンク>
page top