チョコレートの製造方法

チョコレートの製造方法

チョコレートはおいしい食べものですよね。チョコレートには様々な種類が存在していてそれぞれに異なった製造方法があります。では、どのような製造方法があるのでしょうか。

 

どうやって製造されていくのか

チョコレートの原材料はカカオが使われています。まずは、カカオを焙焼します。焙焼をすることによってチョコレートに香りや風味が出ます。

 

ここからいくつかの過程を行っていきカカオマスができます。そして、作り方によってはココアパウダーになったり、チョコレートになったりします。

 

チョコレートの作り方

チョコレートはカカオマスに砂糖や粉乳を加えます。次にローラーをかけてなめらかにします。

 

なめらかになったものを50度から80度に高温で風味豊かに練り上げ仕上げていきます。その後にテンパリングというカカオバターの結晶を安定させる作業を行い、最後に型に詰めて振動を与えて、気泡を抜きます。

 

この過程を行うことでビターチョコレートやミルクチョコレート、ホワイトチョコレートなどになっていきます。

 

 

簡単に説明をしましたが、この工程の間にチョコレートのカカオの含有量によってチョコレートの種類が決まったりします。先ほどのチョコレートで例をあげるとビターチョコレートはカカオの含有量が多く、ミルクチョコレートは比較的カカオの含有量が少ないです。製造の過程で調整をすることによって同じような過程でも全く異なった種類のチョコレートが製造されます。

<スポンサーリンク>

関連ページ

チョコレートの原材料はなにが使われているのか
世界中で食べられているチョコレートですが、そんなチョコレートにはどんな原材料が使われているのか、また、どのような方法でその原材料が加工されてチョコレートに生まれ変わるかを知っていますか?
チョコレートでバターなし
チョコレートのお菓子を手作りするときなどにバターを使うことがあると思います。しかし、この頃バターの値段が高くなってきていることからバターなしでお菓子を作りたいと考えている人も多いはずです。バターなしでお菓子は作れるのでしょうか。
チョコレートと準チョコレートの違いはなに
世の中には様々な種類のチョコレートがあります。チョコレートの種類の一つで準チョコレートと呼ばれるものがあります。では、チョコレートと準チョコレートの違いはいったいどこにあるのでしょうか。それぞれの定義から見ていきましょう。定義から見ていくとそれぞれにには明確な違いが存在しています。
チョコレートのお菓子の種類
チョコレートのお菓子の種類ってたくさんあってどれを選ぶか迷っちゃいますよね。どの種類にどんな特徴があるのでしょうか。みなさんが知っているようなポピュラーなものから少し詳しい人じゃないとわからないものまでチョコレートには様々な種類があります。
チョコレートの保存方法は?
チョコレートをたくさん買ってきたのはいいけど、保存の仕方がわからない。チョコレートをもらったのだけどどこに保存すればいいのだろうと考える人もいると思います。果たしてチョコレートはどのように保存すればいいのでしょうか。開封してからはどのような保存方法が適しているのでしょうか。
チョコレートの味は産地によって違いはあるのか
チョコレートには様々な種類がありますが、チョコレートは産地によって違いはあるのでしょうか。そこで、チョコレートの原材料であるカカオによってチョコレートの味に差はでるのでしょうか。現在、世界では主流のカカオ豆を比べてみましょう。
チョコレートを電子レンジを使っての溶かし方は
チョコレートの溶かし方について疑問をもっている人も多いはずです。最もポピュラーな溶かし方としては湯せんでゆっくりと時間をかけて溶かしていく方法です。この溶かし方は失敗する可能性が低いので安心できる方法です。では、電子レンジを使ってのチョコレートの溶かし方はどうすればいいのでしょうか。
チョコレートが冷蔵庫で固まる時間
チョコレートを手作りしようとしたら最終的にはチョコレートを固めることが必要となってきますよね。しかし、チョコレートを冷やそうとしたらどれくらいの時間を冷やさなければならないのでしょうか。冷蔵庫、それとも冷凍庫に入れたほうがよいのでしょうか。
チョコレートの種類一覧
チョコレートには様々な種類がありますよね。そんなチョコレートの種類について一覧にしてみました。いままでなんて種類かわからなかったチョコレートについてもわかるかもしれません!
チョコレートが白に変色している
チョコレートを食べようとして包装をといたらチョコレートが白く変色していたなんてことはありませんか。白く変色していた場合には食べても大丈夫なのでしょうか。なぜ、白く変色してしまうのでしょうか。
チョコレートの融点は何度?
チョコレートを溶かして自分で新しいチョコレートを作る際にはどのくらいの温度でチョコレートは溶けるのか、夏の暑い日などにいったい気温が何度くらいになれば溶けてしまうのか気になる方もいらっしゃると思います。その溶ける温度のことを融点といいます。
チョコレートの賞味期限切れはいつまで食べることが可能
チョコレートは比較的には賞味期限が製造日から長い食べ物です。しかし、いくら賞味期限が長いからと言ってチョコレートもいつかは賞味期限が来ます。うっかりして賞味期限が切れてしまった場合などにチョコレートは賞味期限が切れてから何日までなら食べることが可能でしょうか。
チョコレートは腐るのか
チョコレートは賞味期限が他の食べ物より比較的長いです。年単位で持つので時には保存食として備蓄されることもあります。そんなチョコレートも腐ってしまうことがあるのでしょうか。腐ってしまうとどのような状態になってしまうのでしょうか。また、そんな状態になってしまったチョコレートを食べたらどうなってしまうのでしょうか。
手作りのチョコレートはどれくらい日持ちするのか
バレンタインなどのイベントが近づくと男性に贈るチョコレートを手作りする女性もいらっしゃると思います。忙しいから早めにチョコレートを準備する女性もいると思いますが、手作りをしたチョコレートはどれくらい日持ちするのでしょうか。
チョコレートの会社一覧
日本国内でも様々な種類のチョコレートが販売されています。日本に大量にある会社がそれぞれに自社開発を重ねてオリジナルの商品を作ろうと日々努力しています。これからの開発にも期待しちゃいますね。日本国内にはどのような会社があるのか一覧にまとめてみました。あなたのお気に入りのチョコレートが出てくるかもしれませんよ。