チョコレートは腐るのか

チョコレートは腐るのか

チョコレートは賞味期限が他の食べ物より比較的長いです。年単位で持つので時には保存食として備蓄されることもあります。そんなチョコレートも腐ってしまうことがあるのでしょうか。腐ってしまうとどのような状態になってしまうのでしょうか。また、そんな状態になってしまったチョコレートを食べたらどうなってしまうのでしょうか。

 

 

時間がたつとどうなるのか

チョコレートは時間が経過していくとともに酸素と結合して酸化していきます。酸化してしまうとチョコレートの味は落ちていってしまいます。

 

時間がたつとチョコレートが溶けてしまい溶けた後に再び固まると白っぽい粉を吹くことがあります。その白い粉がでると酸化していっている証拠となります。

 

腐ったチョコレートを食べるとどうなるのか

腐ったチョコレートをたべると他の腐った食べ物を食べた時と同じように腹痛や下痢を引き起こす恐れがあります。

 

なので、チョコレートが少しでも酸化してきたと感じたらできるだけすぐに捨てるようにしましょう。どうしてもチョコレートが食べたい場合には危ないチョコレートを食べずに新しいチョコレートを買ってくることをオススメします。

 

 

チョコレートは腐るという表現よりも酸化するという表現が正しいような気がします。チョコレートは賞味期限が長いので油断してしまうと気づかないうちに酸化していることもありえます。チョコレートを買った場合にはできるだけ早く食べるようにしましょう。早ければ早いほどおいしいはずです。

<スポンサーリンク>
page top