手作りのチョコレートはどれくらい日持ちするのか

手作りのチョコレートはどれくらい日持ちするのか

バレンタインなどのイベントが近づくと男性に贈るチョコレートを手作りする女性もいらっしゃると思います。忙しいから早めにチョコレートを準備する女性もいると思いますが、手作りをしたチョコレートはどれくらい日持ちするのでしょうか。

 

 

手作りはどれくらい日持ちするのか

手作りのチョコレートといってもどのようなチョコレートなのか、どんな材料を使ったのかによって賞味期限は変わってきます。

 

レシピなどをみて作る方はレシピに賞味期限が書かれていたりするので安心ですが、自分のオリジナルで作っている人はわからないとおもいます。

 

しかし、手作りは基本的には日持ちはしません。溶かして型にいれて固めたチョコレートなどは約一週間、人気のある生チョコなどはだいたい4日ほどです。

 

バレンタインなどで事前に作っておくのは大丈夫か

賞味期限から考えるとバレンタインの前の週からバレンタインのチョコレートを用意することはオススメできません。

 

渡したあとに相手がすぐに食べない可能性があることを考慮すれば、やはりバレンタインの前日あたりにつくるのがいいと思います。

 

手作りのチョコレートは市販されているチョコレートに比べてひと手間がかかっている分、余計においしく感じます。もしも、チョコレートをバレンタインなどに女性からもらった場合には大切に眺めているのではなく、できるだけ早めに食べてしまい相手に感想を伝えてあげしょう。賞味期限が切れてしまったら申し訳ないことになってしまいますよ。

<スポンサーリンク>
page top